【ココスキのいえ】7/2(木)10:30〜11:30

【教えて!! えいごの先生!! これからの英語教育】

子どもには英語を!!でも… どうしたらいいの?ズバリ!!みんなのお悩み、解決します。お金をかけずに簡単にできちゃうコツをお教えいたします。

  • 募集人数:8名
  • 参加費:無料

講師:hiroko(はげみ ひろこ)さん
現役高校教師 傍ら えいご教室 hapiroomを運営。
4歳の娘とどこでも行っちゃうアクティブママです。

【ココスキLINE公式アカウントURL】
https://lin.ee/buTtY04
①氏名(ふりがな)
②お子さまの月齢(お子さまがいる場合)
追って、ご予約完了のお知らせをお送りします。

■参加方法
・事前に、無料アプリ「zoom」のインストールをお願いします。
・インターネット環境とスマホやパソコンなどがあれば接続可能です。
・参加申し込みされた方に、当日アクセスいただく「URL・ミーティングID・パスワード」をお知らせします。

【ココスキのいえへようこそ】

「どんな時でも、ココスキがみなさんとつながれる場所をつくりたい」。
そんな想いから「ココスキのいえ」をオープンします。

リビングでゆっくりお話をしたり。
キッチンでお料理をつくったり。
プレイルームで遊んだり。
訪れた人がすきな部屋にいって、
人と出会えるようなイメージ。

オンラインアプリzoomを使って、みんなでつどえる場所をつくっていきます。

募集情報は、ココスキのFacebook、Instagram、LINEにアップ。
ご予約は、LINEからお待ちしております。

【ココスキのいえ】7/1(水)10:30〜11:30

【10年後の差は歴然! 老け顔グセをストップ 】

知っていますか?年々気になるお顔のシワやたるみやほうれい線ができる原因を。 『老け顔グセ』のメカニズムを知って意識するだけでも、10年後のお顔に大きな差が出てきます。老け顔グセを知ってみんなで魅力顔を目指しましょう!

  • 募集人数:6人
  • 参加費:無料
  • 持ち物:立鏡(自立する鏡) ※ご自身の顔を見るための鏡になります。 パソコンや携帯の画面で、顔を見る方は必要ありません。

講師:のがみみちさん(ココスキデザイン部)
美顔率インストラクター。 好きなことは和太鼓を打つことです。

■申し込み方法
ココスキLINE公式アカウントのトーク画面で以下の内容をお送りください。

【ココスキLINE公式アカウントURL】
https://lin.ee/buTtY04
①氏名(ふりがな)
②お子さまの月齢(お子さまがいる場合)
追って、ご予約完了のお知らせをお送りします。

■参加方法
・事前に、無料アプリ「zoom」のインストールをお願いします。
・インターネット環境とスマホやパソコンなどがあれば接続可能です。
・参加申し込みされた方に、当日アクセスいただく「URL・ミーティングID・パスワード」をお知らせします。

【ココスキのいえへようこそ】

「どんな時でも、ココスキがみなさんとつながれる場所をつくりたい」。
そんな想いから「ココスキのいえ」をオープンします。

リビングでゆっくりお話をしたり。
キッチンでお料理をつくったり。
プレイルームで遊んだり。
訪れた人がすきな部屋にいって、
人と出会えるようなイメージ。

オンラインアプリzoomを使って、みんなでつどえる場所をつくっていきます。

募集情報は、ココスキのFacebook、Instagram、LINEにアップ。ご予約は、LINEからお待ちしております。

カモメ・ラボ×ココスキ 『駅弁屋台をツクル、みんなでツクル』

カモメ・ラボの今村謙人さんを講師に迎え、
「駅弁屋台(駅弁スタイル屋台)」を制作します。

「駅弁屋台」とは、駅構内でお弁当を販売しているまさにアレです
(見たことない人も、いらっしゃるかな?)

ベースの箱、看板、前板、ひもを組み合わせて制作。
自分だけのオリジナル屋台をつくっていきます。
これさえあれば、気軽にお店がオープンできちゃう。さらに!

ココスキでは、「駅弁屋台マルシェ」なるものを開催したいと目くろんでおります。

「もっと自由に、もっとおもしろく」

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。
いっしょに、まちであそびましょう。

■開催日
2020年6月28日(日)
13時~16時

■場所
学習教室こかげ
尼崎市長洲中通2-1-40

■定員
8人

■参加費
8,000円(材料&制作代)
駅弁屋台は、折りたたんでお持ち帰りいただけます。

■お申し込み
下記のココスキメールまで
info.cocoroskip@gmail.com
①参加者氏名
②連絡先
(メールアドレスと当日連絡がとれる 電話番号)
込め①②に記載のうえ、ココスキにメールをお送りください。

■カモメ・ラボ
「屋台をつくることは、まちをつくること」。屋台をつくり、出店もします。モノや人を繋げたり場のにぎわいを作る小さなエリアの活動から、まちや都市のこれからの未来をつくる社会実験などのコーディネートなどの大きなスケールまで。屋台を通していろんなスケールに接続しています。