IIIIIIIITOMO(いーーーとも)

「自分の生き方」
それを決めるのは、やはり自分。
でも、迷ったことはないですか。
初めて歩むその道。
こわくはないですか。

もし、迷いこわくなったら、立ちどまって深呼吸。
だれかの生き方を聞き、改めて自分自身と向き合ってみる。
「あの人だからできるんだ」ではなく、「自分にもできるかもしれない」。
そう思う、そんなことを考えられる時間は、きっと貴重なものになるはずです。

司会・進行は、「尼崎ENGAWA化計画」の藤本遼。
毎回、「ココスキ」が招く女性ゲストと真剣勝負。
どこまでもホンネで語ってもらいます。

語る人も聞く人も
心の奥にある「芯」に触れられる時間。
そこから一体何が見えてくるのでしょうか。

**********************

【IIIIIIIITOMO(いーーーとも)】

■内容
10:30~ 開場(交流タイム)
11:00~ オープニング
11:10~ トークセッション
12:00~ ランチ(交流タイム)
13:00  クロージング

■コーディネーター
藤本 遼(ふじもと りょう)尼崎ENGAWA化計画/場を編む人
1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。尼崎ENGAWA化計画代表。コンセプトは「あわいと余白のデザイン」。現在は、イベント・コミュニティの企画運営、空間のプロデュース・リノベーション、会議・ワークショップのファシリテーション、対話・協働に関する研修など、場づくりやまちづくり、公共空間の活用に関する仕事・活動を行う。代表的なプロジェクトは、「amare(あまり)」、「尼崎ぱーちー」、「尼崎傾奇者(かぶきもの)集落」など。クリエイティブアウォード関西2015グランプリ受賞。「ソトコト」2017年3月号掲載。

■ゲスト
坂本 恵利子(さかもと えりこ)ココスキ代表/こども作文教室「コトバのチカラ」主宰/フリーライター
1972年9月生まれ。大阪市出身。尼崎市在住。ライター歴17年。三宮の貿易会社に勤務。阪神淡路大震災を経験。その後、新聞社のアルバイト、雑誌編集プロダクションを経て、フリーライターに。2014年、尼崎ソーシャルビジネスコンペに「作文力向上事業」で応募。ファイナリストに選出。2015年2月に、こども作文教室「コトバのチカラ」を、尼崎、伊丹にて開講。商業施設、図書館、小学校でもワークショップを開催。2017年、女性の働き方を応援するチーム「ココスキ」を設立。そのほか、「尼ノ物書キ組」局長。「みんなのサマーセミナー」副実行委員長など、色々やってます。お酒大好き。

■フォトグラファー
西 ゆきえ(にし ゆきえ)フォトグラファー
関西を拠点として、フォトグラファーとして活動。女性の目線でその人の良さを引き出し、人の気持ちに寄り添う写真を撮影するのが得意です。出張プロフィール写真、自宅サロンやweb用素材、ホームページ用撮影、セミナー、イベント、音楽発表会などを、あらゆる撮影に対応。初心者向け一眼レスカメラレッスン、プライベートスマホカメラレッスンなど開催。詳しくは下記ホームページで。
https://www.24photo.net/

■日時
2017年10月26日(木)11:00〜13:00

■場所
ROGSPA(ロクパ)
尼崎市南武庫之荘5-15-102
阪急武庫之荘駅南口より徒歩5分
Facebookページ(http://www.facebook.com/rogspa/)

■参加費
2,000円(カレーランチ・ドリンク付き)

■申し込み
Facebookのイベントページで参加表明、もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
ランチの準備上、11月24日(火)の21時までに、参加表明をお願いします。

■定員
20名
小さなお子さまも一緒に、ご参加できます。

■主催
尼崎ENGAWA化計画×ココスキ

■備考
当イベントは写真撮影(執筆)を行い、あとでココスキのホームページにアップいたします。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。どうしても写真に写りたくない方については、事前にご連絡くださいませ。

あままままるしぇvol.3

【日時】2017年9月10日(日)  10:00~17:00

【会場】ナチュラルマルシェ ハレバレ(尼崎市浜2-15-18) http://www.harebareshop.com/

「あま」がさきの「まま」による「まるしぇ」イベント。
尼崎市内に住むママやプレママが出店します。クラフト、フード、ワークショップなど多彩なラインナップ。

今回開催させてもらう「ナチュラルマルシェ ハレバレ」さんには、全国各地の農家さんから、おいしい有機野菜が届きます。野菜を見ながら、「今日はどんな料理を作ろう」と考える穏やかな時間。素敵な日常。やさしい空気。
「今日は、楽しかったね」で終わるのでなく、その後も、ずっと続いていくような。そんな「まるしぇ」を目指します。

詳しくはFacebookのイベントページをご覧ください。